2018清武会カップ

8月に開催されていた清武会カップが、本年より5月開催に見直され、参加選手も増え、各クラスで熱戦が繰り広げられました。

運営も滞りなく行う事が出来、予定以上に早く終える事が出来ました。翌日学校があるジュニア、仕事を控えているマスターズ選手達への負担を減らしたいという思いが、清武会・スタッフの思いであり形になったのだと思います。

少年部の試合は毎回レベルが高くなっていくのを感じます。入賞している選手達の日頃の頑張り、指導者のアドバイス、保護者のバックアップ。それぞれレベルが上がっているのだと思います。

マスターズクラスでは回を重ねる毎に内容が濃くなっています。皆さん空手に思いを持った年代の方々です。試合は当然の如く熱くなります。しかし試合後のお互いの充実した表情から、勝ち負けの結果ではなく。今日までいかに取り組んだか。その過程に重きを置いている事が伝わって来ました。

2018清武会カップ出場ありがとうございました。次回(7月1日)のトーナメントから来年の清武会カップに向け、選手達も運営方も頑張っていきましょう!

 

入賞者紹介

小学1年 2位

石渡 櫂人

 

 

 

 

 

 

 

 

マスターズⅠ軽量級 3位

上野 賢治

 

 

 

 

 

マスターズⅡ中・重量級 優勝

杉田 誠

 

 

 

 

 

 

 

マスターズⅡ中・重量級 2位

福田 伸二

試合での反省点を踏まえて、意識を高めて稽古をしていきます。

 

大会スタッフの皆さんご協力ありがとうございました

前日の会場設営の手際の良さ。限られた人数でしたが、予想より遥かに早く準備が整いました。また、当日も予定より早く終える事が出来ました。他道場の選手からも運営が「早いですね」との言葉を頂いています。皆さん遠方よりご参加頂いています。翌日のことを考えたら早く帰れた方が良いですよね。

2018清武会カップご協力ありがとうございました!次回トーナメント(7/1)も宜しくお願いします。