入門をご検討中の方へ
空手にご興味をお持ちいただいても初めてのことでわからないことや不安に思われるようなことも多々あるかと思います。以下によくいただくご質問をまとめました。ご質問内容をクリックしていただくと回答が表示されます。

その他、ご不明な点や不安に思われることなど国際武道連盟 清武会 本部事務局(TEL 0463-23-7891)までお気軽にお問い合わせください。なお、稽古中など電話に出られないこともございます。ご迷惑お掛け致しますが、その際は時間をおいてお掛け直し頂けると幸いです。

よくいただくご質問
習いごとでいい生活のリズムをつくりたい
清武会に入門すれば、すべての道場の稽古へ自由に参加していただけます。自宅ちかくだけでなく、会社周辺、乗り継ぎ駅など都合のいい場所があれば、どの道場の稽古へも参加していただけます。「平日は会社近、あるいは帰りの途中駅にある道場に参加、週末は自宅の近所にある道場を利用」というパターンも結構増えています。
ストレスを解消したい
武道には健康を強化維持するための健康法的側面が色濃くあります。清武会では空手独特の立ち方である「三戦(さんちん)立ち」の練習を通して、内臓を含めた全身のバランスをととのえ、健康的に強い体づくりを指導しています。三戦立ちを繰り返し行うことで、自律神経のバランスが整い、特に胃腸と消化器官が強化されます。その結果ストレスに強い、あるいはストレスを受けてもそれをすぐに飛ばせるココロとカラダが出来てきます。
空手に興味はあるけど、できるかどうか気持ちと体力に自信がない
清武会では入門した人の心と体に最も適した内容と量で指導しております。最初から無理をさせることはありません。安心してはじめていただけます。ただ、道場の稽古に慣れ体が動くようになってきたら、今のレベルを超えるための多少の無理を自分の体に課すことを推奨しております。過度なものではく、適度な無理は、自分を上のレベルへ引き上げてくれる最良のバネとなります。麦は踏まれることでその生命力を増すといいます。人もストレスを避けるのではなく、乗り越えることで強く、たくましく成長します。
何年も運動をしていない
運動不足が理由で空手をはじめられる方が増えています。体力がなくても、それぞれの体力レベルにあった内容で段階的にお教えします。ご安心ください。また稽古を続けていれば知らないうちに体力がつくことに不思議な驚きを感じられることでしょう。
空手は全身運動です。頭頂から足の指先まで、意識しないところ、運動させないところはありません。全身を意識しながら、最も効率的に運動させます。続ければ、全身のバランスがととのい、力の無駄づかいがなくなり、気持ちが落ち着きます。道場の稽古だけでなく、日常生活、社会生活にも応用がききます。
空手をはじめるには体力的年齢的に遅すぎると思っている
何でもそうですが、「やってみたい!」と思ったときが始め時です。そして清武会の空手に関して遅すぎるということはありません。道場生の方のなかには40代から始められた方が結構いらっしゃいます。50代、60代から始められた方もがんばって稽古しています。そういった方のほとんどが自分自身のペースをつくって、定期的に道場で稽古をしています。体力・年齢に不安をお持ちの方は、まず見学からはじめてみてはいかがですか。
清武会では「三戦(さんちん)立ち」という空手独特の立ち方による練習を非常に重要視しております。見た目には誰でもできそうで、簡単簡単そうに思えますが、これがなかなか奥深く、味わい深いものなのです。生徒さん全員が1回の稽古で何回も三戦立ちを行いますが、特筆したいのは「内腿(うちもも)強化」の効能です。ここは加齢の影響を非常にうけやすいところで、歳とともに力が衰えてくる部分です。また鍛えられにくい部分とも言われております。三戦立ちを行うと、そこへ強い意識と刺激がはたらき、五臓のうち「腎(じん)」と「脾(ひ)」が活性化され、生命(いのち)の力が高められます。見た目年齢を10歳以上若く保つことも決して夢ではありません。元気になりたい人、若々しくありたい人に特にオススメです。
いままでのフルコンタクト空手の練習についていくのに体力的な限界を感じはじめた
体力のピークを過ぎると、年齢とともに体力が失われていくのは誰しも避けられないことです。だからといって空手の総合レベルが体力とともに下がっていくのは残念なことです。清武会では体力のピークを過ぎたあと、あるいは選手として現役を引退したあとも、空手のレベルを向上させつづけるための「技術力の強化」「身体能力の強化(体力とは領域を異にする丹田からの力、筋(すじ)の力の開発など)」に取り組んでいます。体力のピークを過ぎたからといって、空手をあきらめなくても大丈夫です。これはスポーツ空手と武道空手の違いです。何歳になっても「質」を追及するための空手が清武会にはあります。
空手の選手として一区切り。今後どう空手とかかわっていったらいいかよくわからない
アスリート・トレーニングで選手として主に強化しているのは「パワー」「スピード」「スタミナ」「打たれ強さ」「反射神経」「コンビネーション技術」などです。これらの稽古で獲得されたものは残念ながら年齢とともに衰え、失われていくものです。発想を逆にすれば、若くて体力のあるときが、これらの能力を鍛え、成長させるのに最も適した時期であると言えます。その時期を過ぎると、同じ量の練習をしても同じ成果があがらなかったり、さらに同じ量の練習をするのが体力的にきつくなってきます。そのときこそ、体の変化に応じた稽古の質的転換をはかるターニング・ポイントであると清武会では考えます。空手の伝統技術は、体の表層レベル(筋肉・皮膚のレベル)だけでなく深層レベル(血液・骨・筋のレベル)を鍛えていきます。また体の部品として本来存在しないもの、また外から見えないものである「軸」や「重心」を確立するだけでなく、技術として使えるようにします。これらは出来上がるまでに時間がかかりますが、出来てしまえば、衰えにくく、失われにくいものです。年齢・体力に依存しないので、何歳になっても稽古の質を落とすことなく、むしろ質を向上させながら稽古を続けていくことができます。清武会では、「アスリート・トレーニング」と「伝統的稽古」を切り離して考えてはいません。むしろ両者がシンクロナイズ・ハーモナイズすることによって最大の効果が得られると考えております。若くて体力のあるうちは、アスリート・トレーニングで体を徹底的に鍛えることはとても素晴らしいことです。また生涯という長いスパンでみたとき、アスリート・トレーニングは体のもつ能力を全的に開発する上で必要なことでもあります。しかし、この練習方法だけでは、体力・年齢の限界が空手をつづける限界になりかねません。体力のピークを過ぎても、稽古を続け向上していくためには伝統的稽古が不可欠です。若い人にも伝統的稽古は必要であり、体力のピークを過ぎた人にもある程度のアスリート・トレーニングは有用です。大切なのは体力・年齢に応じて「アスリート・トレーニング」と「伝統的稽古」の量的バランスを配分することであり、体をつくり変えるための方法論として両方の練習に通じていることであると清武会では考えます。
ダイエットをしながら何か専門的なことを身につけたい
ダイエットを一人で続けるのはけっこう難しい。道場にはいっしょに稽古する仲間がいます。少々疲れていても、多少ストレスがたまっていても、仲間といっしょであれば、がんばれます! 続きます!

空手の基本稽古(突き・蹴りの練習)は有酸素運動!体の軸を意識し、重心を低い位置に落ち着け、キレイな姿勢で行う基本稽古はダイエット効果があるだけでなく、体のクセ、ゆがみ、力みを取り除き、肩こり、腰痛の予防となります。正しい姿勢、正しい力の使い方をみにつけ、ストレスフリーな心身を手に入れましょう。

空手にはつかまれたときの対処法(逆技)が多くあります。稽古では護身術として使える基本的な逆技を繰り返し練習していただきます。

武道である空手には昇級・昇段があります。自分ががんばった稽古の成果は、昇級・昇段として道場から認定されます。あたらしい帯と賞状を手にする喜びは、大人もカクベツです。

清武会では級別・段別に練習カリキュラムがきっちり体系化されています。入門当初の白帯の方には、挨拶の仕方、立ち方、拳の握り方から丁寧にご指導するので、安心してはじめていただけます。「やさしい内容から難しい内容へ」昇級にしたがって段階的に変化するのが武道の特徴です。

護身術を身につけたい
突き(パンチ)、蹴り(キック)は言うまでもなく、崩し技、関節技、投げ技など、身を護る上で必要な技術は、空手のなかにすべて含まれています。またすべてが完備されていて本物の空手と言えます。道場ではそういった技術のすべてをレベルに応じて段階的に指導しています。1回の稽古の中で、逆技(崩し技、関節技、投げ技などの総称)の練習を必ず行うので、護身術のレベルが着実に上達していきます。
親子で同じ習いごとを始めたい
最近父子、母子で一緒に空手に取り組む生徒さんが増えています。同じ時間に、同じ場所で、同じ稽古をすることは、お互いいい刺激になっているようです。どれだけがんばっているかは、同じ稽古をしているだけに一目瞭然。親御さんはお子さんにゆるんだ背中を見せられないし、お子さんはいい緊張感のなかで空手に打ち込めます。稽古では親子のあいだにだけ通じるエネルギーの送受信が行われているに違いありません。家では、よかったところを褒め、悪かったところを反省し、次の稽古でお互い切磋琢磨する。空手をいっしょに習うことは、同じ目線での親子交流の場でもあり、もっとも身近なライバルとの競争の場であり、人間的成長をする場でもあるようです。
生涯一つのことを学びたい。学ぶだけでなく向上し続けたい
柔道、剣道、合気道と同じように、空手は「空手道」です。「道」である以上、ここで「終わり」という処がありません。30代、40代、50代、60代、何歳になっても道には「新しい学び」があります。清武会ではレベルごとに技術が体系化されています。自分がどのレベルにいても、そのレベルで新しく学ぶことがあります。たとえば修行年数が30年以上であっても、はじめて学ぶことが、まだまだたくさんあります。むしろレベルが上になるほど、新しく学ぶことが増えていきます。新しいものを学び体と技術が変わっていく喜び、これは自分の体で「体読」「体得」した人にしか味わうことができません。また続けるほどにその味わいは滋味豊かになっていきます。一度この領域にはいった人は病みつきになります。

学びを通して、自分で気づき、自分で切り開くのは非常に大切なことです。しかし、ひとりの人が自力で開発できる領域は狭い範囲に限られます。武道である空手道には、100年以上の歴史のなかで多くの先達が到達した知恵と技術の集積が「体系」として残されています。今の我々はそれを学び、自分の気づきと工夫も忘れないことで、先人が切り開いた同じ道を、より早い速度で歩むことができます。これは伝統技術を伝承する武道ならではの恩恵であり、スポーツとは大きく異なる点です。スポーツの上達は個人の資質に負うところが大きく、武道の上達は技術体系の学びに負うところが大きいといっても過言ではありません。学ぶものが確立されていて、それをレベルに応じて与えられるのは非常に心づよいものです。

空手の伝統技術はすべて「普遍的」なものです。Aさんに出来て、Bさんに出来ないものではありません。技術体系にそった稽古をしさえすれば誰もが必ず身につけることのできる技術です。体力、年齢をある程度超越したところで完成される技術なので、稽古を続けることで、ずっと向上し続けることができます。

清武会では白帯から黒帯を取得するまでに数年かかります。この数年で空手の「ハウ・ツー(How to)」をひと通り学んでいただきます。黒帯(初段)以降は、ハウ・ツーの「応用」のはじまりです。稽古を続ければ続けるほど、技術は進化し、深化します。果てしがありません。

空手の伝統技術を身につけたい
清武会では空手の伝統技術を本格的に学んでいただくため、「アドバンストクラス」では型の分解とその応用、空手の哲学などを広く深く学べます。「古武道(武器法)クラス」では棒・トンファ・ヌンチャク・サイなど琉球古武道全般を学ぶことができます。いずれも西田師範の直接指導で行っております。一般稽古(全員参加可)では、基本稽古、移動稽古、型稽古、逆技、一本組手、受け返し、その他、黒帯を取得するまでに必要とされる空手の伝統技術を、入門レベルから上級レベルまで体系的かつ総合的に学んでいただけます。