清武会代表 西田幸夫

清武会代表 西田幸夫

極真空手 7段
大東流合気柔術師範 5段
琉球古武術師範 5段
沖縄剛柔流範士 9段

その他、中国拳法においては内家三拳(太極拳、形意拳、八卦掌)、白鶴拳を通じてその奥義を追求している。

極真空手創始者である大山倍達総裁の亡き後、国際空手道連盟極真会館の日本代表および世界代表を務める。1999年2月、極真空手清武会を発足。パワー重視の極真空手の稽古体系に伝統空手の技術、中国拳法、柔術を取り入れ、生涯に渡って武道を追求できる現在の清武会独自の稽古体系を構築。国内においては、清武会カップ、全日本ウェイト制空手道選手権大会、国際的には海外でのセミナー開催、空手母国日本においての国際交流セミナーの開催、空手留学生の受け入れ等、清武会の技術の普及に尽力し現在に至る。

著書
空手!極意化への道

空手! 極意化への道

「どうすれば、いつまでも武術として使えるのか――」

型で創る“勁力”を技化せよ! 極真空手家・西田幸夫の発見と実践! パワー重視の極真空手で初期から活躍してきた著者が、中国武術・大東流合気柔術・沖縄空手等の伝統武術から見出した「柔の術理」により、武術空手の真髄へ踏み込んだ! 剛の発端が柔の極まりであり、柔の発端が剛の極まりでもあるような、途切れず、かつ対立しない状態を技の中にも表現できたとき、清武会の考える武術の理想形となる!

パワー重視の極真空手で初期から活躍してきた著者が中国武術・大東流合気柔術・沖縄空手等の伝統武術から見出した「柔の術理」により、武術空手の真髄へ踏み込んだ!フルコンタクト空手、伝統空手はもちろん、あらゆる武術探求者必読の1冊。

Amazon で購入
(5 / 5) 空手の意義
空手の動作のひとつひとつの意味が、中国拳法などからの動きのつながりと合致して、なぜこうなのかがわかり、空手の奥深さを感じられる力作でした。

(5 / 5) 参考になりました
現代の五輪書と言っても良いような本です。宮本武蔵は様々な武術と死闘を続けて極意を得ましたが、現代でそれをやったら犯罪ですから著者のような方法で見聞を広め、極意を得る方法は参考になりました。

(5 / 5) 年配の空手修行者の道しるべ
1980年代前半、高校生だった私は著者が支部長を務める極真会舘の城北支部ひばりが丘道場に通っていました。当時から、極真会舘のメニューに加えて、ご自身が学ばれている中国拳法や柔術の技の一辺を見せて頂いたり、一部稽古に取り入れており、武術の深淵を覗くようで私はその時間が毎度楽しみで仕方ありませんでした。高校生ながらに、この先生は極真の枠の中には収まらないスケールの大きな方だなと思うと同時に、この指導方法を許容している極真会舘も懐の深い組織だなと思っていました。この本を読み、大気拳との関わり等々、あの頃西田先生がどのような経緯で何を修行をなさっていたのかを垣間見ることが出来、大変有意義な読書体験でした。今は、極真を源流に持つ総合格闘技系の空手を修行していますが、基本稽古・移動稽古の際は、頭の中で西田先生の号令・気合いをイメージして気合いを入れています。この著書の中で西田先生は60をピークに持って行くことを提唱しており、大変勇気づけられました。

(5 / 5) よかった
フルコン、柔道経験者です。非常に勉強になりそういう意味でこの動きを行っていたのかと目からうろこでした。ただレベルが高いのでかなりの年数、考えて修行を積んだ人でないとすべてを理解するのは難しいのではと感じました。私には無理でした。西田先生から指導を受けている方が羨ましいです。この方は生涯一武道者という言葉がピッタリな方と思いました。最後に本書より感銘を受けた一文を記して最後にしたいと思います。常に座右の銘としてきたのは「他流に学び自流の不足を補う」であった。どの先生をお訪ねした時も白帯より始めさせていただいた。 私自身の成長がなければ指導者の資格はないものと思っている。

(5 / 5) 西田師範の実直な人柄が分かる本
極真空手の師範からは、多くの著書が出版されているが、虚飾に飾られた経歴や、意図的なライバル団体の悪評に終止しているものが多い。それらに対して、この本は、西田師範の長年に渡る修行経験が淡々と述べられ、極真空手だけではない、多くの武道修行の経験を体系的に記述した技術書である。極真空手は、空手の流派の中では、ちょっと特異な団体である。創始者の大山総裁は、空手の技術の優劣を、組手や試合での強弱でのみで評価したために空手の技術の質が、指導者ごとに全く異なっているのである。立ち方、構え方、攻撃技や防御方法のセオリーが、同じ極真会の所属でも、道場や指導する師範によって、統一性がない。また、大会試合での入賞順位が、極真会内部での技術的な絶対的評価軸になってからは、大会ルールの中で評価されない、または禁止されている空手本来の武術的技術が全く伝承されなくなり、次第に、武道としての技術体系の中で、欠落する部分が大きくなっていった。西田師範は、その過程で失われていった空手本来の技術を、中国拳法・古流武術、または極真空手の源流である沖縄剛柔流の技術に求め、自らの修行を通して解明していった。この本は、その解明のプロセスが述べられている。ひとつ提言がある。「清武会」空手は、もう「極真空手」を卒業してはいかがか。商売上の看板はあるとしても、稽古生たちは、その方が分かりやすいと思うのだが・・・。

(5 / 5) 誠実に武道を再建している姿に感銘を受けた
極真の空手家である西田幸夫師範(清武会)の武道への考えや修業の系譜が綴られている。写真も豊富で技術書であるが、内容が難しく理解できない部分も少なくなかった。ただ、極真の発展で失われていった武道本来の技術などを他の武道の良い部分を取り入れて研究されている点には感銘を受けた。

(4 / 5) 空手の先、武術の先を示してくれている本の一つだと思う。
競技を極めた先の技術。60歳まで強くなるには、他武道との比較、競技を終えた人、行き詰った人、参考になることがたくさんある良い本です。

(3 / 5) 難しい
申し訳ございませんが、私の経験・知識不足から理解出来ませんでした。『武道を極めた』超上級者や、『武道を極めよう』 とする上級者向けと感じましたので、中級者・初心者には敷居が高いかも知れません。内容的には、空手の基本や基礎と成っている中国拳法等の説明、それに関連する動作の写真が多数使われています。多分、空手と言う武道を更に研鑽するための一助(書籍)です。

(3 / 5) 難しそう。
西田師範は「60歳がピークの空手」を目指しているそうですが、この本を読んで身に付けるの難しそうだなと思いました。西田氏の道場へ通えれば何とか身に付けられる可能性はありますが、独学は無理だと思い諦めました。

DVD
極真空手清武會西田幸夫師範 空手、その本質の獲得 第1巻

極真空手清武會西田幸夫師範 空手、その本質の獲得 第1巻

空手本来の姿とは? 資質に左右されない武術の身技の追求! フルコンの雄・極真空手を軸に合気柔術・沖縄空手・中国拳法などを研究し、真の「強さ」を獲得するために独自の稽古体系を確立する極真空手清武会・西田幸夫師範。当DVDでは師範が実践する生涯武道としての空手を二巻に渡り丁寧に指導・解説していく。
■空手の基本 — 拳線を作る ○其の場稽古(軸…中段突き:三戦立ち、 合と開…中段外・内受け:三戦立ち) ○移動稽古(重心・力の伝達1…中段逆突き:前屈立ち、 重心・力の伝達2…中段逆突き:騎馬立ち)
■三戦 — 身体を剛化する ○三戦示演 ○三戦で何故力が出るのか ○統一体と締め(統一体とは何か、 上半身の締め、 下半身の締め、易筋と螺旋の円運動) ○運足 ○呼吸の仕方(呼吸の種類、 息吹…陽の呼吸、 逃れの呼吸…陰の呼吸)
■三戦の使い方 — 打ち・つぶし・崩し・投げの技法 ○三戦構え・基本…内受けからの打ち(内外) ○三戦構え・応用…受けかえ ○両手を掴まれた場合(剛:つぶし、 柔:投げ) ○両袖を掴まれた場合…点穴よりつぶし ○片手を掴まれた場合…三戦構えによる崩し ○統一体より出る力…勁力(拳による崩し、 開手による崩し) ○手合わせからのつぶし 足技

Amazon で購入
極真空手清武會西田幸夫師範 空手、その本質の獲得 第2巻

極真空手清武會西田幸夫師範 空手、その本質の獲得 第2巻

フルコンの雄・極真空手を軸に合気柔術・沖縄空手・中国拳法などを研究し、真の「強さ」を獲得するために独自の稽古体系を確立する極真空手清武会・西田幸夫師範。 当DVDでは師範が実践する生涯武道としての空手を二巻に渡り丁寧に指導・解説していく。
■転掌示演
■転掌の本質(柔化の概念、転掌掛けとは、円運動の崩し—コロギの原理、誘いの原理)
■転掌の術理 — 力の効率的活用と円運動の技法 ○転掌掛け(1片手の崩し、2両手の崩し、3両手掴みより転掌投げ、4転掌掴みより崩し、5袖掴みより転掌投げ、6足への転掌掛け、7三戦への転掌掛け) ○弧拳受け・押さえ受け ○鯉の尻尾打ち
■カキエ — 意識と力の流れを読む ○小手鍛え・受けかえ ○転腕…大円の動き ○粘走…小円の動き ○押さえ受け…点で取る ○推手…柔を使う
■逆技 — 型の本質の技法化 ○撃砕大…肘上げと裏拳→鬼拳 ○征遠鎮…掛け受け→小手返し ○十八…手首の返し→小手詰 ○十八…掛けと転身→七里引き ○三十六…弧拳→弧拳投げ ○四向鎮…掌打→天地投げ ○壱百零八手…開手→指絡み ○連環

Amazon で購入
(5 / 5) 優れた解説
DVDを観てわかることは限られる。制約を差し引いても、空手の本質に迫ろうとする心意気が分かる。見せるための型、試合の型ではない、本質を垣間見られる。おそらくこれは有段者か、それに近い人が観て、実地で稽古して、見直すためにあるものと思う。もちろん、早い時期から、ホンモノを観ておくだけでも意味があると思う。

第11回オープントーナメント全日本ウェイト制 空手道選手権大会

第11回オープントーナメント全日本ウェイト制 空手道選手権大会

厳選30試合!極真の魂・直接打撃が示す空手の可能性!!武道としての空手を追求し続ける極真空手清武会が主催する2010年11月7日平塚市総合体育館での「第11回オープントーナメント全日本ウェイト制空手道選手権大会」。当DVDでは今大会の注目カードを厳選収録! パワー・スピードばかりではなく武道としての空手を体現すべく研鑽を重ねた精鋭達の激闘は、空手愛好家のみならず全ての武道愛好家必見の内容となっている!!
■無差別級(体重無差別)一回戦
■中量級(65kg以上75kg未満)一・二回戦
■軽量級(65kg未満)二回戦
■中量級三回戦
■中量級準々決勝
■中量級準決勝
■無差別級三位決定戦
■決勝戦

秘伝WEB SHOP で購入
西田師範の空手講座
インタビュー形式で解りやすく清武会空手の神髄に迫ります。

空手は年齢に関係なく

空手は年齢に関係なく、本人の決意次第で楽しめ体力を増進できる武道です30代には30代、40代には40代の空手の稽古体系があってしかるべきだと思います。

現在、極真をやる年代層も広がりをみせつつあると思うのですが、その層をさらに厚くするために、どのように考えていますか?
40歳代になっても、体力的に悲観することはないわけですね。何だ、今は20歳代に落ちただけなんだと。いずれにしても、30歳代以降に何をしたかが人生の体力とか健康度合いに大きく影響してくるということですね。
極真というと、そのイメージから30代、40代の人は二の足を踏むところがまだないとはいえませんね。本当は、そういう年代層にもっともっと極真をやってもらいたいですね。
そういう楽しみが実感できるのなら、年齢がいってからでも取り組めますよね。

精神と肉体の一如感を体得できるまで

精神と肉体の一如感を体得できるまで自らを掘りさげていけるのが武道、稽古で達成感が得られるのは本来、人間の本質がそんな感触を求めているから。

前回は、空手は年齢に関係がなく、本人の決意次第で楽しめる武道だというお話でしたが、やはり、体力にあまり自信のない人が極真の門をたたくのはかなり勇気のいることではないか。特に壮年といわれる年齢にある人にとっては…。
ところで、欧米スポーツでいう「トレーニング」と空手でいう「稽古」の概念は、どこか違うのではないかという気がするんですが。
宇宙と顕在意識、潜在意識が結びついたときに肉体と精神の一如感を味わえる肉体と精神の一如感覚とはどういうものなのでしょう。
日本の空手指導者たちが、そういった深く掘り下げた部分、一如の部分を世界に見せてあげることができれば、日本は競技レベルとは別次元でいつまでも空手母国として尊敬されるのではないかと思いますね。
欧米も、そのあたりに気づき始めているのではないでしょうか。

見えない部分をも鍛練するのが武道

目に見える部分だけでなく見えない部分をも鍛練するのが武道。道を極めた人は「肚」ができている全ての動作における基本姿勢は「上虚下実」、丹田に重心を置くこと。

丹田の概念についてお聞きしたいのですが。
丹田というものを意識する方法をお聞きしたいのですが。
架空のものである丹田の概念といったものは外国人にも伝わりますか。
現代社会では「肚」の概念が失われつつありますが、日本の褌(ふんどし)というのも意味があるものだったのですね。
そうですね。ああいった興行的な世界には「道」といったものはありませんよね。そして感性の問題で言うと肚を忘れれば当然右脳の作用が衰える。その結果現在の日本人の感性は非常に貧弱なものになってしまっているということですね。
外国の人はどうなんでしょうか。
肉体レベルを超えたあと精神的な部分で空手をどうとらえていくか、極真空手をするということは、ある意味では肚を鍛え直すということにつながってくるわけですね。
「上虚下実」の形は実戦で使うことが出来てこそ本物。自分で納得できるまで模索し続ける事が大事で、このし続けるというのが「道」になるわけですね。これがいわゆる「ソフト」の部分になるわけですね。
武道におけるソフトの部分とは一体何なんだろうということが考えられてくると思いますが、丹田も含めたことも含めて、一つ一つ肉体レベルを越えて指導していくということも日本武道ソフト輸出のかたちのひとつなんでしょうね。
では、組手における安定感というのもやはり丹田からきているわけですか。
個々の人生との関わりを模索する事で初めて空手の奥深さがわかってきます。今まで極真空手はこういった部分があまり語られていなかったのではないのかなという気がします。個人レベルに納まっていて、そこまで組織的に突っ込んで模索しようということはあまり見えていなかったように感じるんですが。
ただそう言った模索している人に、模索の機会を与えてあげられるだとか、そういう人達が集まってくる団体がいいですね。そういうことはつきつめれば個人レベルなんでしょうが、そのことを考えている人がたくさんいればいるほど、いい意味で、今度は組織としてまたアピールできるものが生まれるんじゃないでしょうか。
海外に対してもいろんな人の考え方なり、そういう空手の奥の深さというものを逆にわかってもらえればいいわけですよね。そこから先に関して言えば、もうそれは個人レベルに還っていくわけですから。

愛情というエネルギーは与えられるだけでなく与えることにより生まれる

肉体レベルの修行から入り精神レベルへと高めていく

21世紀は見えない部分、感性や精神性の豊かさに価値が出てくるということですが。
そのことと極真はどういうふうに関係づけられるのですか。
西田師範は「気」の世界にもずいぶん関心があるようですが。
なぜ、その当時、誰もが無関心だった「気」の世界に興味を持ったのですか。
極真空手におけるハード(肉体レベル、あるいは競技的な強さ)とソフト(武道の持つ精神性)という関係を考えたときに、ハードの部分で言うと世界と差が無くなりつつあります。そこで、次はソフトの部分で世界をある程度引っ張っていかなくてはならない状況にきている。ではどういう形でそのソフトの部分を育成していくか。それが我々の大きなテーマになると思うんですが、いかがでしょうか。
では、我々も精神性でリーダーシップのとれるような形にしていかなくてはならないということですね。たとえば、ハードの部分で世界チャンピオンを出している国だから尊敬されるのではなく、誰が世界チャンピオンになろうと、それとは別の価値軸でやはり空手の母国は日本だといわれるだけの尊敬の対象になる精神性の世界、それをこれから日本が発信していかなくてはならない。

東洋がずっとメッセージしてきたものが科学的に解明される時代になってきた

21世紀は「感動」がキーワードになる時代

来るべき21世紀はどんな時代になると思いますか。
21世紀は感動がキーワードになる?
感動は右脳てきな部分といえますが書店などに行くと脳内革命とか「気」とか、臨死体験とか、見えない部分についてかかれた本が最近目立つようになってきました。
ところで、空手道の究極の目的は、肉体と精神の一如感を会得することだとおっしゃっていましたが、やはりまずは肉体の鍛練から入ってそこに到達できる。その意味で、肉体の鍛練は精神云々に先立って欠くべかざる要素ですよね。
奥行き、深さでいえば、日本の「道」思想のほうが欧米のスポーツ思想よりも奥が深いのではないでしょうか。
空手には力む空手と弛緩させる空手があっていいと思う。しかし、空手は歴史的に見て、まだ未完成の武道だということもいつかおっしゃっていましたが。
裏の筋肉とは具体的にどの部分をいうのですか。
裏筋肉を使った弛緩の技のほうがよりレベルが高いといえるのでしょうか。

心と体が調和して「四徳」整う気を丹田に取り込んで太陽のように輝く人間となる

人間にも存在する小さな脳、リトルブレインを鍛える。

呼吸法によって、普段コントロールできない自律神経までコントロールできるようになるというお話がありましたが、今回はそのあたりをもう少し詳しく教えてください。
そういうことであれば、もし自律神経をコントロールする術を身につければ、ストレスから来る色々な症状もなおすことができるということですね。
太陽神経叢とはどういうものなんでしょうか。
心と体が調和して気が溢れる太陽人となる。やはり、空手道は奥深いですね。生涯の修行を伴う「道」ですね。

哲学、体系的な部分でいまだ未完成の空手を完成させていきたい

戦う姿勢の基本は「三戦立ち」にある

今回はまず始めに息吹についてもう少しお話をお聞きしたいのですが。
それでは息吹というのは息を吐いたときにお腹が膨らんでいなければならないのですか。
「阿吽(あうん)」とは何なんですか。
三戦立ちの意味するものとは何ですか。
戦う姿勢の基本が三戦立ちにあるんですね。
最終的には型の中から創始者の意識に飛んでほしい?お話を聞いていると型には訓練する目的と意義が色々とありますね。
この「平安」という言葉にも、なにか意味がありそうですね。
つまりこれをやればどんな攻撃に対しても対応できる型という訳なんでしょうか。それでこれらの型はもともと中国拳法からきているのでしょうか。平安(ピンアン)というのも中国読みですよね。
源流は中国にあっても、空手は日本で深められたのですね。この事だけではありませんが、日本人は道にするのが得意という感じがしますね。
なんとなく型というのは、見よう見真似でやっている人もいそうですが、このような話を聞くと研究していけば面白そうな世界ですね。
やはり、空手は試合レベルを越えた奥深い世界を持っていますね。
では、どうすればそのあたりが実感できるのでしょうか。
気を高めるのには、呼吸法が入りやすい方法だということですね。
難しいですね。
護身術、ですか。
なるほど。まず、内なる物を守り、それから外敵に備えるのですね。護身術というと痴漢などに対処する術をイメージしてしまいますが。
以前、今後は振り子の揺り戻し現象で「物質文明の行き詰まり」を解決するテーマの一つに東洋哲学があると話されましたが、ある部分で空手はそう言う問題を解決する要素を持った武道だという事でもありますか。
呼吸法を練習すればエネルギーをうまく取り込める?完成されたものを辿るのではなく、これから完成させていくというのは、おもしろいですね。
空手のまた違った面が学べますね。

空手を世界の共通言語として大きなエネルギーの「場」を作れば社会の何かを変えられると思う

同じ方向のエネルギーの結集が共鳴現象を起こす

国際交流についてですが、今後は試合を通しての交流だけでなく、空手のもつ精神世界を軸にした交流にまで高めていく必要があるのではないですか。

空手を通して世界に通用する人材を育成したい

ワールドカップという新しい発想が生まれましたが、こうした形で国際的な文化交流が必要だと思われたのはなぜですか。
そうなると、我々の目指す青少年の育成と国際交流というものが一体となった形で結びついてきますね。

二十一世紀は右脳教育が必要になってる

具体的にいうと、右脳は何を司っている所なんでしょうか。

人間は生命危機にさらされた時に一番強くなれる。それを教える空手こそ極真空手

フルコンタクトでしか見えてこないものがある。

大山総裁は、ずっとフルコンタクトにこだわってきました。ある部分そこにこそ極真の極真たる所以があると思いますが、我々がフルコンタクトにこだわる理由というのはどこにあるとお考えですか。
集団よりも個の空手観が今問われている。組織の持つ空手観とか哲学などが問われてくるんでしょうか。
裏を返せば、そういった「個」がどれだけ結集した集団であるかが組織としての強さを決める要因になるといえますね。

東洋の持つ精神性に西洋が目を向け始めた。そんな時代が今だと思う

精神の部分を切り捨ててしまった西洋文明 今回は、物質文明を打開する鍵は東洋思想にあるということで、そのあたりから話をお聞きしたいのですが。
判断力とか胆力と言う形で「気』は具現化する。では、何を持って世界から尊敬される日本になるか、組織になるか。これからその部分を我々も世界から問われることになりますね。
現象にとらわれないことが大事。今の人達は現象にとらわれやすと思うのですが。
武道精神を一言で言えば「肚づもり」。そういった精神レベルこそ武道精神の真髄であり、我々が世界に示すべきソフトだと思うんですが、こうした部分を一言でいうとどんな言葉で表せますか。
精神文化という観点から言えば、日本人らしい日本人は概して少なくなってきているかなという気がして仕方ないんですけど。

今年は、今一度、武道としての空手について考え直したい

今一度、武道としての空手について考え直してみたい
極真空手をより深く耕していきたいという事ですか。

戦後教育の歪みが昨今の中学生などによる事件の背景にあるような気がします。

人間性まで偏差値でははかれません

今非常に話題になっていることと言えば、どうしても教育の部分に行きつく部分があると思うんです。一部のことでしょうが、今中学生がおかしくなってきている。最近の殺傷事件の多発が、何かを象徴しているのではないかと思うんですが。
なぜそうなってしまったのでしょう。
他にも要因がありますか。

東洋の知恵で食文化を見直す時代を迎えている。

食文化の変化は民族の存続までも脅かす

今回は、食文化の変化がもたらす影響についてお話を伺いたいと思います
砂糖の大量摂取による低血糖が問題になっている。昨今の「キレル」中学生も食生活と密接に関係しているのではないかということですね。
低血糖症は暴力行為にも結びついてしまう。いつ頃から日本人は砂糖を大量に摂取する食生活になってしまったんでしょうか。
では、低血糖症を引き起こす食文化を今一度見直さなければならないという事ですか。

武道的な発想、日本人の持つ美学から昨今の青少年問題に取り組んでいきたい。

まずは、躾の三原則から教えていく

前回のお話では、食文化の変化も昨今の青少年問題と関わりがあるのではないかということでした。いずれにしても、青少年問題は、日本だけでなく世界的にも大きな課題となっています。そのなかで、極真空手は何が出来るか。今回はそのことについてお聞きしたいと思います。
少年部の入門者は非常に増えている。子供を持つ父兄も、昨今の少年による傷害事件で「もしかして、自分の子供がキレル子になったらどうしよう」という不安を抱いていると思うんですが、そういった不安から空手の持つ精神性に期待して入門させるというケースは増えていますか。
道場に子供を預ける親御さんと面談する機会も多いかと思うんですが、どういったことを期待されているんでしょうか。
今の教育システムは時間はかかるが、確実に変わっていく。いずれにしても、今の学校教育だけではどうにもならない状況になってきている。それが少年部の増加につながっているといえそうですね。
武道という文化論からアプローチしていきたい。日本は明治から、他のアジア諸国は戦後から西洋文明の波に洗われたわけですが、果たしてそれが良かったのか。食文化、教育の問題を含めてそういうことが今の日本で問われているといえますね。
孔子の「温故知新」という言葉をもう一度噛み締める時代といえるかもしれないですね。
まず「隗(かい)より始めよ」のことわざの通り、個人から始めて、それが何%かになればまた場のエネルギーが生まれて、社会に大きな影響力を持つということですね。